クレジットカードを契約していると月々、加入カード会社から利用代金明細が送付されます。

利用代金明細内容にはどこのショップで何にカード決済でどれくらい使用したのかにかかわる明細が記されているため、以前にカードを使って払った履歴を一目することがきわめて明快で便利です。

代用はちょっと不便と思いますが、ミニカード利用の成績表っぽいものに見立てることもできるため家計管理にも役立つでしょう。

且ついま言ったクレジットカード明細書送付されてから半月ほどで決済金額の支払いが行われるわけです。

ということはこれらの利用明細書を注意していてあれ?と思うようなおかしな項目例をあげると行ったこともない国が書かれていたらフリーダイヤル等に問い合わせて調査してもらえばよいというだけなんです。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

もし偽造による詐欺等のあなた以外によるカード利用が見つかった際にもカード使用者に何か理由(落ち度)がないようなら大方の問題はカード会社がそうした支払いをリストからはずしてくれます。

ここ数年ではこういったカード利用明細をWEB上で閲覧できる会社が非常に多いです。

日頃からいつどんなものを利用したか確認しておく方法で不正使用を防止することはもちろん、収支記録ともなり貯金管理でさえもこれのみでできてしまいます(ネットでクレジットカードの履歴を確認可能な会社は昔の取得ポイントや利用可能ポイント数など照会できるようになっています)。

カードはこのようなことから見ても有益な武器になっていると言えます。