ローンキャッシングした場合、お金を返す時には利率を含めての払いになるのは知っているはずです。

金融会社は経営の利益を目的とした会社なのですから当然です。

そうはいってもお金を返す方は、わすかでも少なく返金したいとよぎるのが本心でしょう。

利息制限法が定められる一世代前は、年30%近い利息返していましたが、定められてからは高くても年間18%位ととっても低く設定されていますので、とっても良くなったようです。

今日のローンの金利の枠は4%位から18%位の幅が用意されていて、使用可能額により設けられます。

利用上限額は申込者の与信によって影響します。

総量制限により年の収入の1/3までと定められていますので、一年の収入がどの程度なのか?どのような職業についているのか?クレジットの利用履歴はどうなのか?等が調べられ与信金額としてカードの内容が決まるのです。

カードを使ったキャッシングの場合利用できる金額が10万円〜800万円(各企業で使用可能額は変わります)と広い幅があります。

そしてその範囲の中で決まった使用可能額により利子も決まってしまいます。

50万円なら18%、300万円なら年率12%、800万円なら年4%といった数値になるはずです。

要するに評価が良ければ、与信額も上がり、金利も低いというわけです。

このことに矛盾を覚えるのは私だけでしょうか?銀行又は金融機関にとって、これらは当然のはずですが、収入の高額な人がキャッシングローンの必要があるとは考えずらいですし、もしもお金を借りた場合でも金利が高かろうが低かろうが、お金の支払いに追い込まれる事はないでしょう。

逆に収入良くない人は咄嗟にお金が必要なので借り入れを行う方がほとんどです。

利息が悪いと返済に追われるなるはずです。

このため利用可能幅の小さい人こそ低金利で活用できるようにするべきです。

この考えは使う視点からの考えです。

これらの事を考えると、利息を低くする為にはどうしたら良いのか、漠然と気付いたでしょう。

現実、これから述べる方法で、申し込む人がほとんどなので紹介しますと、キャッシングの手続きをする際に、収入の1/3ぎりぎりの金額まで申込みをするのです。

年収450万円なら150万円。

年収600万円なら200万円。

年収900万円なら300万円で申込みのカードローン審査で申し込んだMAXの金額が通ればそれだけ利息が安いクレジットカードを持参することができると思います。

と言って全額利用しなければならないというわけではありません。

5万円でも40万円でも必要な分だけ利用ができます。

そして最高利用枠が300万円で最低利率7%位の金融会社もあります。

その会社に手続きをすればその企業の最低利子で利用できます。

どうでしょうか?やり方を変えるだけで低利率のキャッシングできるカードを手にすることが出来るはずです。

自らの年収と金融会社の利息を照らし合わせて、調査さえ怠らなければ、より満足できる状態でキャッシングできるため、きちんとチェックするようにしてください。