自動車の事故は自分だけの自損事故と他者が関与した車での事故があります。あなただけの事故の場面では、あなたが事故の処理をするだけで完了しますが他者を巻き込んだ自動車での事故は各々にどれだけの落ち度があったのかを調べてその状況によって車の修復の費用や示談のお金が決まりますので、車の保険会社の人を交えての話し合いが必要不可欠です。大多数の車の事故の場合相手だけでなく自分にも少しはミスがあるケースが一般的で一方だけの手落ちであるというケースは多くありません。もちろん信号が赤でも進んでしまったり一時停止で止まらなかったなどはとても大きなミスになりますが被害を受けた方にもミスがあったと指摘されます。車の事故の場面ではどの人の責任で発生したのかという判断が非常に大切になってきますので、これを数字で表したものが『過失割合』というものです。一例として、前述した信号を無視してしまったり一時停止しなかった状況なら、道路交通法の上では相手に全ての過失があるように思いますがもし事故を起こした自動車が対面から来て目で確認できた時だとすれば事故の被害者でも注意が足りないとされ10%ぐらいの落ち度があると言われる状況もあります。言うならばその条件では事故を起こした人が9割事故に巻き込まれた側が1割過失割合となり間違いが大きな側にミスが問われる事になります。また自動車事故の割合昔の車の事故の判例を基準に決定される場合が多く日弁連交通事故相談センターから明らかにされている表が元として用いています。このような過失割合で、割り当てが大きければ大きいほどミス、結果的に賠償金も大きくなる可能性が高いので、事故に関する交渉は事故に巻き込まれた人だけでなく保険屋さんの担当の方に加わってもらって落ち着いて調整することが不可欠です。