自動車保険の一形態として代理店申込みの車保険と分類されているものがありますが、みなさん御存知ですか。代理店式クルマ保険の意味としては代理となる店を用いて車保険の手続きをする車保険のことです。それでは代理店タイプのカー保険においては、何か魅力と欠点が知られているかを説明します。代理店タイプのマイカー保険の利点は、車保険の上級者に質問できることです。自動車保険を自力で決めようとしても専門の言葉が解読できなかったり、どの補償が不可欠なものか分からないことが多いです。加えて、関連する学習をしておいてから車保険を判断しようとしてもとても長い時間のかかる勉強が不可欠になってしまいます。時間がある加入者ならば良いと思いますが、通勤しておきつつカー保険の知識を学習することに関してはとても大変と思われますし、大変うっとおしいことと思われます。一方、代理店経由の自動車用保険の場合は、保険についての専門知識が全く無くてもエキスパートがいるため事前に用語を覚える必要がゼロです。さらに、いろいろな質疑応答が可能ですから、確かに自分に合った自動車保険が見つかるでしょう。一方代理店経由の保険の弱みは、限られた自動車保険のうちからしかマイカー保険をセレクトすることができないこととコストの増額が要注意です。基本的に店側は、彼らが販売している品物を推薦してくるものなのである範囲の車保険業者の中で車保険を見つけないといけません。そのため、選択肢が避けようもなく限られるというデメリットがあります。さらに店舗を利用していることで、料金が高額になるという短所も知っておきましょう。