自動車の《全損》とは名称が示すとおり愛車のすべてが破損してしまう状況で、言い換えれば走行出来ないように移動手段の車として役を果たさなくなった状態で判断されますが自動車保険で定義されている(全損)は多少同様ではない意味があります。乗用車の保険の場合では乗用車が破壊された場合に〈全損と分損〉というように2種類に分類され、「分損」は修復費が保険金でおさまる場合を言い表しその場合とは逆に全損とは修理費が補償金を超えてしまうケースを表現します。普通、乗用車の修復で《全損》と言われると車の心臓となるエンジンに致命的な損傷を抱えていたり、乗用車のフレームがいびつになっていて直すのが難しい場合、再利用か廃車と決められるのが当たり前です。だけれども、自動車の事故で修理業者や保険会社がこのような修復の費用を計算した際に表面的にちゃんとしていて直すことが可能である時でも修復の費用が保険額よりも大きければ何を目的として保険に加盟しているのか分からなくなるでしょう。こういうときには、全損としてマイカーの権利を車の保険屋さんに譲渡し保険金額を支払ってもらうシステムとなっています。もちろんかなりの期間連れ添った車で愛情があり自費で直してでも乗り続けたいと思う車の所持者多数いますから場面において保険会社と話し合うといいと思います。さらに、保険の種類に応じてそのような時のために特約等の(全損)の時のための特約を設けている場面がたくさんあり、例え、自家用車が全損となっても新車購入などの経費を多少なりとも払ってくれる状況もあります。尚盗まれた場合の補償額の特約をつけてると、盗難被害にあった愛車が発見できない場面でも【全損】とされ、保険が適用される仕組みになっています。