多くの自動車保険の会社は手厚いと宣伝していますが自動車事故をしてしまった際に文句無くちゃんと取り扱ってくれるか気になります。とりわけ電話で入れるダイレクト自動車保険と呼称するお店を備えていない自動車の保険会社では対応が見え難いという条件も心細くなってしまいがちです。そうは言っても通販型と現実のお店を備えている自動車保険の会社の対応力に特に大きな相違はないですしダイレクト型自動車保険のほうが人件費が減らす事が出来る分月々の保険掛金が安いので車の事故に巻き込まれなければ保険料を安くすることができます。それでは、保険会社において対応策に優劣があるかと問われればノーではありません。その差は店舗型自動車保険、通販型自動車保険といった差異ではなく、それぞれの保険屋さんに応じて事故の対応をする時刻や曜日が別になることが挙げられます。自動車の事故はいつ遭遇するか当てることはできませんので、事故の受付は24時間365日対応してくれるのは必須でありますし、また祝祭日や深夜に起こった事故の対応がきちっとされているのかをチェックすることが大事です。業者によってはどんな時も事故受付でも受付時間が休日は平日と違っていて切り上げられるところもあるので注意が大切です。別の話として、ひょっとしたらを想定して拠点も調べておくことも必要です。どれだけ大きな会社でも処理拠点が遠ければ事故の処置に時間がかかってしまう状況もあったりしますので、近所に拠点が存在するかを事故の対応の差を比較する基準です。大手の自動車保険会社は場所ごとに拠点を保有していることが多くあるので必要なときの対応も優れていてその状況で行わなければならない事故処置も話をしてくれると評判が高いです。