自動車の保険には任意保険および自賠責保険という2つの種別が用いられています。自賠責保険、任意保険ともにいざという時の事態に遭遇したときの補償を想定したものですが、条件は若干違うといえます。二つの保険をよく調べると補償の対象となる条件が異なってきます。※相手に関しては、「自賠責保険」「任意保険」どちらでも補償されます。※自分に関しては、『任意保険』によって補償されます。※自己が所有する財産に関しては「任意保険」を用いて補償されるよう取り決められています。自賠責保険単独では自分の怪我もしくはクルマに向けた補償などは享受できません。そして相手に対する支援ですが自賠責保険では死亡した時は上限額三〇〇〇万円、障害が残った場合上限四千万円というように決まっています。ただし賠償金が前に述べた金額を凌ぐことはよくあることに注意しましょう。またさらに事故の相手の所有する車もしくは建物を毀損した際には、加害者の完全な自己負担になると定められているのです。そのような負担を防ぐために任意保険という制度が必要なのです。被害を受けた者に対する救済に重点を置くのが任意保険というものですが、それ以外の役目が用意されています。※相手方へは死亡時もしくは傷だけでなく、車もしくは家屋というような所有物を補償するのです。※自分へは、搭乗者も入れて死亡時もしくは怪我を補償します。※自分の財産に対しては、車両を賠償します。そういった色んな面においてサポートがしっかりしているのが任意保険というものの強みなのです。保険料の負担は必須となりますが相手のためにも自分を安心させるためにもマイカーに安心して乗りたいのであればぜひとも任意保険というものに契約しておくとよいでしょう。