思いつきもせずいきなり起こってしまうのが自動車事故です。ここでどのように判断する結果で、自動車保険料の受け取り額も変化することも予想できますので的確な決断力と行動が大切です。考えていない場面に遭遇してパニックになってしまうと場面を逃してしまい、先々自らが大きな損をする時もありますので自動車事故をした場面では正しく次の対応を行います。乗用車の事故をしてしまったケースで一番初めにする事は負傷した方の確認です。の後は訳が分からずショック状態になってしまうことがあり直ちに行動できないのが一般的です。その状況では、怪我をした方がいた場合は安全が確認された地点へ運んで応急手当をし周囲に助けを求める等して救助の優先に努めましょう。救急車を呼ぶ時は正しい現場を知らせて不確かな場合は周辺の有名な学校や場所名を連絡し事故が起こった地点が分かるようにします。その次に警察に知らせて車の事故を起こしてしまった事さらに現在の状況を連絡します。救急車とパトカーが来るのを待っている時間に相手の内容を確かめます。姓名、連絡先、免許証、ナンバープレートの番号、事故の相手の方の自動車保険会社名等互いの身元を教えあいます。その時に事故相手に過失があった場合にはその場所で結論を出そうとする状況が考えられますが即刻処理するのではなくどんな状況であれ警察や保険屋さんに届け出て、きちんと確認してもらうようにしましょう。各々の身元をやり取りしたら他者の妨害になるのを避けるために邪魔な物を道の上からどかします。どうしても邪魔な物が誰かの障害物となっている時には各々の情報交換をするより早くその作業をしても問題はないです。この後に自分の入っている自動車保険会社に連絡を入れて車での事故があった旨を知らせます。自動車事故から特定の時間の間に保険屋さんに連絡しておかないと保険の適用されないケースも想定されるので気がついたら速やかに連絡することが必要です。事故内容の証拠になるように、カメラやスマホなどで現場やマイカーの破損箇所の写真を撮っておきます。それは過失の割合決定する時にとても重要な役割となりますので、自らの乗用車や相手の乗用車の破損をちゃんと証拠写真として残しておくことが大事です。目撃者がいたとしたら警察の方や自動車保険会社の人が辿り着くまで事故の現場に待ってもらうように話しておくことも大切です。