自動車保険は大きく通販タイプカー保険と代理店経由の車保険に分けられます。さて、そういった通販タイプ車保険と代理店型クルマ保険の2つはどのぐらい差があるものなのでしょうか?まず先にWeb申し込み自動車用保険と呼ばれるものは代理会社を使用せずカー保険業者のサイトを用いて直接的に、マイカー保険に登録する方法のことです。代理店を頼っていないので、自動車保険の費用は代理店経由のカー保険と対比して安いというメリットが挙げられます。そういった掛け金の低さというメリットが通販形式自動車用保険の最大の魅力な一方で、代理店型自動車用保険のように質問するしくみがないので自身で補償内容を決めないと加入できません。次に、代理店タイプの自動車保険と言われているものは、カー保険業者の仲介業者に申し込みをやってもらうという形式です。ひと昔前だったら、日本全国、代理店型自動車保険というのが主流でした。代理店式車保険のポイントは、自動車用保険のアドバイザーに支援してもらいつつ内容を選択することができるので詳しい知識が不足していても楽に入れることです。自動車保険に限ったことではなく保険加入においては見知らぬ言葉が大量にあることもあって咀嚼するにも苦痛です。さらに一人っきりで選ぶと補償範囲が大雑把になってしまう可能性があります。対照的に、代理店方式のクルマ保険の場合は希望をアドバイザーに伝えると、その後、最適なクルマ保険を選定してくれるという特長があるので、かなり簡単ですし満足できます。以上が代理店型車保険のアピールポイントですが店舗を通しているせいで金額がそれだけ高いです。Web形式自動車保険代理店方式の車保険の2種類には、このような差があるから、どちらの方式がより相性がいいかを比較してください。