大抵の車の保険会社は万全と告知を行っていますが、車の事故を起こした場面で本当にきちっと取り組んでくれるか気に掛かります。取り分けてネットで加入する事が出来る通販型と呼ばれるお店がない保険会社では対応が分かりにくいことも心配の材料となるかもしれません。しかしながらダイレクト型自動車保険と現実の店舗が存在する保険会社の取扱いにそれほど大きな隔たりはありませんしダイレクト自動車保険のほうが諸経費がかからない分保険料が下げることができるので自動車事故に遭遇しなければ月々の掛金を安く抑えることが可能になります。では、車の保険会社が異なることで事故対応に隔たりがあるかといえばノーとは答えられません。その隔たりは代理店型の自動車保険、ダイレクト型自動車保険というような差異ではなく、それぞれの自動車保険で事故の取扱いをする時刻や曜日が違うことによります。自動車の事故は何時遭遇するか予想できませんので受付は24時間対応してくれるところは欠かせない条件でありまた土日や早朝にその事故対応がしていることを調べてみることが大切です。業者によっては、24時間事故の受付という場合でも事故受付時間が休日は平日と異なり短縮されている保険の会社もあるので注意が重要です。それとは別に万が一を想定して自動車の保険の会社の事故拠点も正確に確かめておきましょう。どのくらい保険屋さんでも処理拠点が足りなければ事故の処置に時間がかかってしまうこともございますので自宅の近くに事故拠点が存在するかどうかも事故対応のちがいを検討する目安です。大手の保険会社は地域ごとに事故処理拠点があることが多くありますので対応も十分で現場でする処理もしっかりと伝言をくれると評判です。